NOVENINEからのお知らせ


NOVENINEの所信表明 ー令和元年を迎えてー

本日2019年5月1日から、我が国は新元号「令和」の時代が始まります。

平成の時代は、震災、経済、少子超高齢化など、昭和に劣らぬ激動の時代だったと言えるのではないでしょうか。

令和の時代へとバトンが継がれた今日、その時代を生き、創っていく私たちは昨日よりも今日、今日よりも明日を豊かにできるよう日々に感謝を持ち、歩み続けるのでしょう。

 

物事を新しく、良くしていくためには、破壊と創造の連続が必要だと考えます。

生物や自然の恒常性も同等に、新陳代謝というスクラップアンドビルドが神がかった調和で成立しています。

自然界では雨が降り、流され、ゼロになり、創造が始まります。

令和の「令」の字に「雨」をつけると「零」の字になりますが、雨で始まる令和の時代は、「零」から始まる新しい時代への象徴となると信じています。

 

時に、多様な意思に逡巡することもあるでしょうが、決して特定の何か大きな存在の傀儡とならず、一方で、後塵を拝することなくアジリティを保ち、志高くあり続けたいと思います。

 

私たちNOVENINEは「歯科医療を通じて日本の医療課題を解決し、人々に自由で自分らしい人生を創出する」ことを最高理念として、事業推進し続けることを誓い、新しい時代の抱負とさせて頂きます。

しかしながら、それに到達するには、NOVENINEだけでできることでは決してありません。

皆さんと共に、それぞれが納得できる医療の未来を目指して行きたいと思っております。

 

みなさま、どうぞ引き続き、よろしくお願い申し上げます。

 

代表取締役歯科医師 竹山 旭

代表取締役社長   廣瀬 智一