NOVENINEからのお知らせ


日本初の口臭から歯周病をスクリーニングする電動歯ブラシの実用化に向けて NOVENINEが第三者割当による資金調達を実施

 

株式会社NOVENINE(大阪府大阪市北区、代表取締役歯科医師 竹山旭、代表取締役社長 廣瀬智一)は、日本初となる口臭から歯周病をスクリーニングする電動歯ブラシ「SMASH(Smart Toothbrush)」の実用化に向けて、Beyond Next Ventures株式会社(東京都中央区、代表取締役社長 伊藤毅)が運用するファンドを引き受け先とし、約1.25億円の第三者割当増資を行いました。

 

 

 

 

 

当社は「5年後、10年後の“当たり前”を今から実現すべく、“Free yourmind”【心を解放せよ】をプリンシプルとし、人々が、自分らしい、自由な人生を創造できるよう歯科分野から挑戦し続けること」を企業理念とし、予防歯科領域におけるリーディングカンパニーとなるべく新規事業の創出に取り組んで参りました。

実用化されれば日本初となる、口臭から歯周病をスクリーニングする電動歯ブラシ「SMASH」は、日々の歯磨きを行う際に口臭から口腔環境を手軽に可視化することが可能です。これにより利用者に対して歯科医院での予防通院や早期治療につながる行動変容を促し、セルフケアと歯科医院におけるメインテナンスを実現することで歯周病や虫歯の予防または重症化抑制が可能になります。また、最近では歯周病菌と全身疾患との相関について多くの研究報告がなされていることから、全身疾患の予防や重症化抑制も期待されます。今回の資金調達により研究開発、及び生産体制の強化を一層加速させ、2020年内の販売開始を目指して参ります。

 

【NOVENINEについて】

NOVENINEは、「歯の悩みにとらわれて自由を失うなんて勿体無い」という想いから、現役歯科医師である竹山と事業家である廣瀬が2018年1月に創業した歯科領域に特化したスタートアップです。日本では、保険制度による規制や不十分な歯科保険教育によって、先進諸外国で普及している予防歯科の概念が根付いているとは言えません。そのため歯科医師過剰と言われる反面、日本人の口腔内は決して十分な健康が担保されているとは言い難い状況です。少子超高齢化社会の現代ではますます健康寿命延伸の必要性が増しています。NOVENINEは、日本での予防歯科普及の実現に向けて、オーラルヘルスケアの知見とテクノロジーの組み合わせがもたらす可能性を信じ、5年度、10年後の”当り前”を創り出すことを目指しています。

既に奈良先端科学技術大学院大学との間で、生活者のパーソナルライフレコード収集基盤の構築を目指した産学連携の共同研究を開始しています。また、現在Plug and Play Japan Summer/Fall 2019 BatchのInsurTech部門に採択されており、大手保険会社との連携も協議しています。

 

https://www.novenine.com/

 

【Beyond Next Venturesについて】

Beyond Next Venturesは、2014年8月に創業した、技術系スタートアップへのインキュベーション投資に特化した独立系アクセラレーターです。大学シーズの事業化支援から、ベンチャー投資、成長支援までに渡る豊富な投資経験と優れた運用実績を有する、国内でも数少ない当分野におけるリーディング企業の1社であり、JSTの大学発新産業創出プログラム(START)における事業プロモーターや、NEDOの研究開発型ベンチャー支援事業の認定を受けています。2015年2月に設立した1号ファンド、2018年10月に設立した2号ファンドを合わせて累計150億円弱と、アクセラレーターとしては国最大のファンドを運用し、多数の技術系スタートアップへの投資と、その事業化・成長支援を手掛けています。

http://beyondnextventures.com

 

 

<本件に対するお問い合わせ>

ホームページのお問い合わせリンクもしくは、メールにて受け付けております。

株式会社NOVENINE 広報担当 岡田 知佳

info@novenine.com